« 初めまして。 | トップページ | 門松 »

モミの木

メリークリスマス。

街中のあちこちで見かけるクリスマスツリー、この季節の風物詩ですね。

さて、このツリーに使われる木ですが、モミの木が一般的です。実はこれ、日本だけの話。

ヨーロッパでは、トウヒ(唐桧)の仲間であるスプルースが用いられます。

よく似ていますが、葉先が二裂(二つに割れている)しているので分かります。

ま、ともあれ何でツリーはモミの木なんでしょう?ちょこっと調べてみました。

諸説あるようですが、代表的なものを挙げてみます。

1.宗教的なもの

アダムとイブの話はご存知だと思います。この話をクリスマスの時期に劇として公演していたのですが、冬の時期の為リンゴの木は葉を落としてしまいます。

そこで、常緑樹にリンゴを付けて飾り、代用したのが始まりと言うことです。

2.伝承によるもの

ドイツの伝承で、モミの木には小人が住んでおり、村を守り幸せを運んでくれると信じられていました。この小人が逃げ出してしまわないように、木に食べ物や飾りをしたのがクリスマスツリーになった、という説。

どちらにしても、冬にも緑の葉を蓄える常緑樹に強い生命力を感じ、長寿や豊穣を祈る気持ちがあったのではないでしょうか。

これって、日本の風習にも見られますね。

もうすぐ飾りつけが始まる門松。

年の初めに「歳神様」をお迎えする依り代として飾られるものですが、常緑の松・成長の早い竹と、どちらも長寿の象徴です。

そして、樹木そのものが神聖なものとして、信仰の対象になりうることを示しています。

私も経験がありますが、巨樹を目の前にすると人知を超えた偉大なものを感じ、思わず頭が下がる思いでした。そこには、生命の歴史そのものがあり、小さな宇宙すらも感じられます。

年の瀬を迎え、古き伝統に触れる機会も多くなる時期です。

文化の底流にある、自然を畏れ敬う気持ちを今一度確認してみるのも、良いかもしれませんね。

|

« 初めまして。 | トップページ | 門松 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/32737652

この記事へのトラックバック一覧です: モミの木:

« 初めまして。 | トップページ | 門松 »