« 通勤電車にて | トップページ | 日本の森林分布 »

森林の要素

大寒を過ぎて寒さの只中なのですが、今年の冬は少し様子が違うようです。

都心では異例の最高気温が観測され、流氷の観測も遅れぎみのようです。

寒さが緩むのは歓迎ですが、温暖化を実感する年始めとなりそうです。

とはいえ、南北に長く、かつ山岳地帯が大半を占める国土は、緯度・高度・地形による影響から地域ごとに特有の気候が生まれます。

そして、気候ごとに生息する生物にも違いが見られるのです。

以前も少し取り上げましたが、日本の森林面積は約2500万ha。

国土に占める2/3が山地=森林で、世界有数の林野率を誇る日本。

その内、約1000万ha(4割)は人の手により樹種転換が図られた植林地です。

残り5割は自然林、後の1割は竹林や無林地にあたります。

改めて、人工林の多さには驚かされますね。ぼちぼち花粉シーズンも始まる模様です。

スギ・ヒノキばかりが印象に強い森林ですが、自然植生ではどんな種が見られるのでしょうか。

植物が生息するために必要なものは、

温度・水・二酸化炭素・養分・光の5つです。

いずれも多すぎても少なすぎても生育を阻害し、その適量もまちまちです。

これらの条件を決める要因が、気候と土壌です。

細かく言えば、同じ山でも高度が違い、斜面の南北があり、尾根や沢がありと微地形・微気候は千差万別です。それも先ほどの5要素で考えていけば説明ができます。

大まかに全国的な分布を知ることは、植物の環境への適応を考えるには基本となるものですし、その土地の遷移を見ようとするときには標準になります。

インストラクターを目指される方は、是非押さえておきたいツボです。

地域の気候と植生の関係は、次回に見ていきたいと思います。

|

« 通勤電車にて | トップページ | 日本の森林分布 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/33137387

この記事へのトラックバック一覧です: 森林の要素:

« 通勤電車にて | トップページ | 日本の森林分布 »