« 森林の遷移 | トップページ | 春の観察会始動。 »

高尾山観察会

少し古い話ですが、先週の土曜日、FITの下見会に参加して高尾山へ登りました。

20日に行われる観察会の準備です。毎年新年度会員が幹事を持ち回ります。

ちなみに、インタープリターは先輩インストラクター。

まだ私は見学みたいなものですが、四月から4回の幹事が私たちの代にも待っています。

915集合。

開会・説明・体操の後、1000にスタートです。

行程は、稲荷山コースから高尾山へ。

観察会の対象は子供ということで、何か面白そうなものは無いか探しながらの山歩きでした。

先週の雪が所々残る中、コナラのどんぐりを探しながら徐々に高度を上げていきます。

途中、枯損木を見ながら幹に開いた穴の主に話がいきます。

枯れ木は山に必要か?

Yesでもあり、Noでもあります。

それが道沿いで、明らかに通行へ支障をきたしていたり倒れる危険があれば、伐るべきです。

虫害や病気を広める恐れもあります。

では全く無くても良いかというと、虫が付けばキツツキなどの餌になりますし、開けられた穴は小動物の格好の住処です(彼らを樹洞性動物と呼びます)。

そんな話をしながら、稲荷山に差し掛かるころには雪も深くなってきます。

そして、恐れていた事態が待っていました。

凍結です。

踏み固められた雪が、アイスバーンとして待ちかまえていました。

すれ違う登山者は、バリバリの冬仕様。

ずばり、アイゼン必須です(笑)

難所(?)に四苦八苦しながらも、糞や雪特有の足跡等、フィールドサインに顔が緩みます。

リュウノヒゲやアオキの実は、冬山の景色に色を添えていました。

面白かったのが、ヒイラギ。

あの特徴ある葉の鋸歯が、無くなりつつある成木に出会いました。

Image006

歳を取ると、丸くなるものですね。

落ち葉の虫食い跡から、景色を覗く自然の美術館。

ヤマノイモの実を飛ばしてみたりと遊びも織り交ぜつつ、あちこちで自主観察会が始まります。

予定時間ギリギリで登頂。そういえば、三角点見てなかった...

昼食後、寒いので予定を切り上げてスタート。

気温は2℃、風が強いので体感では零下間違いなしです。

薬王院へ向け、一号路を下ります。

こちらへ回ると、突如観光客が増えます。

にもかかわらず、道は完全結氷状態。

アイゼンがほしい!!

そんな日にもかかわらず、やはりいるんですね。ヒールを履いたお嬢さん~♪

無事を祈らずにはいられない光景でした。そういや、だいぶ救護隊が出動してたっけ…

恐怖の天然ジェットコースタを抜け、慰霊碑前の広場で今日の振り返り。

やはり、安全に関する意見が大半です。

アイゼン使用の立て看板がある中、ロープを張ってまで行うのか意見が割れました。

スタッフ自身が精一杯で、サポートまでできるのか?

まだ日はあるので、様子を見ながら検討ということで解散。

滑り止めとして靴にシュロ縄を結ぶアイディアは、今度試してみたいと思いました。

最後に子供主体の観察会の心得を、締め括りの挨拶として聞いたので挙げておきます。

ずばり、「3かけ」です。

「声かけ・問いかけ・褒めかけ」が大切で、コミュニケーションの重要性を物語ります。

同時に、観察対象を良く見せて、ナゼを引き出しながら自主性とイマジネーションを育てる。

インストラクターとしてのもう一つの役割を、改めて感じさせられました。

|

« 森林の遷移 | トップページ | 春の観察会始動。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/33302592

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山観察会:

« 森林の遷移 | トップページ | 春の観察会始動。 »