« 企画について。 | トップページ | 高尾山清掃ハイク »

企画の立て方

前回に続き、企画の立て方です。

まずはおさらいもかねて、企画のポイントを10WHでまとめてみます。

1 Why 

まずは、なぜそれを行うのか?自分自身に問いかけます。

自分が納得のいかないものは、人にも伝わりません。

目的の明確化からプログラムが生まれ、また事業を行う推進力になります。

2 具体化

Who 主体は誰か(責任の所在)

Who 対象の絞込み

What タイトル・キャッチフレーズ-名前は看板。テーマを伝え、イベントの顔になります。

How many 規模・回数・期間

Where フィールド・施設

When 時期・日程

How match 予算・参加費

この時点で、プレスリリースができます。

マーケティングによるニーズの把握と、主催団体のポテンシャル分析との接点を探っていきます。

3 詳細

Who 運営体制

What アクティビティー(具体的な活動。観察・ゲーム・ハイキングetc...

How プログラム

When タイムテーブル・進行表

Where 場所・環境

ここまで来て、ようやく実施にこぎつけます。

同じWhoでも段階によって変わっていくように、時間軸とともに決めるべき事項も違います。

実際、プレスは実施の前にかける必要があり、その時点までにすべてが決まっていない事もあるようです。

逆に言えば、最低限の内容が決まった時点で広報は流して、後は走りながら考える事も可能ということです。

実際、時間が無いときは有用な方法だろうと思います。

案外企画で苦労するのは、ネタをひねり出すことよりも、今置かれているいる現状の把握なのかも知れせん。

相手にする自然は刻々と変化し、とどまる事を知りません。

勿論、社会情勢によって求められるニーズも変わっていきます。競争も絶えません。

企画の準備として、SWOT分析を一度してみると良いでしょう。

私達を取り巻く環境が把握できます。

SWOT分析

SStrengths・・・強み

WWeaknesses・・・弱み

OOpportunities・・・動機

TThreats・・・脅威

あてはまるものは、それぞれあると思います。

人もまた、環境の中で生かされている事を忘れてはいけませんね。

|

« 企画について。 | トップページ | 高尾山清掃ハイク »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/33510173

この記事へのトラックバック一覧です: 企画の立て方:

« 企画について。 | トップページ | 高尾山清掃ハイク »