« アウトドアの蜂対策 | トップページ | 高尾山清掃ハイク »

ハチへの備え

W杯、惜しかったですね。

PKは時の運とはいえ…残念です。

是非とも次につながる試合として、選手一人一人のかげがえのない経験として欲しいと思います。

こちらも。経験を負けじと積んで行きたいと思います。

前回はハチの生態について取り上げましたので、もう少し詳しく見てみましょう。

先日、私の職場でアシナガバチの巣を見つけました。

可愛そうですが、女王バチの単独営巣期である働きバチが羽化する前に、落としてしまいました。

長い棒で叩き落としましたが、さすがにまだ単独でもあるので戦うリスクもあるのか、女王バチは飛んで逃げていきました。今の時期だから言えますが、なんだか気の毒です。

で、折角の標本(?)ですので、色々と観察させていただきました。

まずは外観。アシナガですので中が剥き出しです。

Image024

よく見ると、卵が産み付けられていました。

Tamago_2

巣の基部には、蟻の忌避剤が塗られており、ニスのような艶があります。

これは女王バチが塗るもので、効果は一時間ほどだそうです。

狩りに出るときは塗っておいて、アリから巣の中の卵や幼虫を守ります。

ハチの意外な一面です。

中を割って見ましょう。

入り口付近に蛹が見られます。奥のほうには幼虫(蜂の子)が驚いて顔を出してきました。

比べると、こんな感じです。

Image03100

Image03300

羽化しだすと、攻撃性が高まり手を出せなくなります。

刺された時の対処ですが、まずは安全な所まで逃げてください。

蜂が襲うのは、巣を守り子孫を守るためです。

彼等からすれば、人は山のような化け物です。必死の思いで攻撃をしかけているのでしょう。

そして、毒を吸い出します。

市販のポイズン・リムーバーを使ったり、無ければ爪で搾り出します。

出きったら、ハチ毒は水溶性ですので水で洗い流します。

軽度のものなら、抗ヒスタミン成分含有の薬を塗っておきます。

ここで重要なのが、アレルギーと後の処置(治療)の問題です。

人によっては、薬に対するアレルギーを持つ方もいます。必ず、本人の了承を得て使用するようにしてください。

また、重度の場合は医師による治療が必要な場合があります。

この際に、薬剤の使用は成分の特定が難しく、治療の妨げになる場合があります。

まず薬を洗って除去する手間が増えることになるのです。

ですので、病院へ搬送する必要性のある場合は基本的に薬は使いません。

応急手当はあくまで治療ではないことを、よく認識しておく必要があります。

ハチ刺されの経験を確認することも重要です。

二度目の場合は体内に抗体ができていることがあり、急激なショック状態に陥る危険性があります。

この反応が、「アナフィラキシーショック」と呼ばれるものです。

寒気・吐き気・虚脱感・痙攣・冷や汗・呼吸困難・脈拍の低下などが予想されます。

確率論ですので誰もに出るわけではありませんが、傷病者の観察を怠って死にいたるケースもままあります。

たとえ初回でも複数箇所刺されていれば、とても危険です。

症状に関わらず、最低でも30分は救護者が容態を観察する必要があるでしょう。

安易な単独行動を取らせたばかりに、容態が急変することもあり得ることです。

ハチとともに気をつけたいのは、有毒植物。

あまり食べることは無いので、特にかぶれを起こすものには注意が必要です。

代表選手といえば、ウルシ科の植物。

この時期紛らわしいものとして、キヅタとツタウルシがあります。

キヅタには何の害も無いのですが、ツタウルシはかぶれます。

大きくなれば特徴が分かれるのですが、小さいうちはよく似ています。

どちらもツル性の三出複葉なので、見分けがつきません。

よく見ると、

キヅタは鋸歯の先端にとげがあり、吸盤でくっつく。

Image01500 

ツタウルシはとげが無く、根のように這わせて絡む。

Image01300 Image01200 

といった違いがあります。

木に付いたものはわかりますが、地を這うものは一目では正直わかりません。

これもまた、自然の醍醐味。

むやみに恐れる必要はありませんが、最低限の注意は必要ですね。

応援よろしくお願いします!! 

|

« アウトドアの蜂対策 | トップページ | 高尾山清掃ハイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/35592973

この記事へのトラックバック一覧です: ハチへの備え:

« アウトドアの蜂対策 | トップページ | 高尾山清掃ハイク »