« ハチへの備え | トップページ | tweet »

高尾山清掃ハイク

昨日は研修で高尾山に行きました。

大垂水から城山を経て山頂まで縦走、一号路を取ってゴミを拾いつつ下山しました。

城山は恥ずかしながら初体験。思いのほか、静かな山旅でした。

もうじき化粧も終わるマタタビを見送り、山に踏み入ります。

徐々に夏の植物も増え、季節の移り変わりを感じさせます。

林床のあちこちにハエドクソウが見られました。

全草に有毒成分が含まれ、煮出し汁が蛆の駆除に使われたそうです。

蒸し暑い中に一服の涼を添える、ヤマハッカです。

Image02301_2 

といっても、匂いは無いのですが…

十字対生と葉の翼が特徴です。

ハクウンボクが実を付けていました。

Image02400

あの白い雲のような花が、こんな感じになるんですね。

道の脇にノアザミが咲いています。花の下がべたつきます。

数あるアザミの中で、春に咲くのはノアザミだけ。似ているノハラアザミは秋に咲きます。

ヤブレガサに虫こぶがついています。住処にお邪魔すると…

Image02700_2 Image02800

小さくて見づらいのですが、住人が3匹いました。

                                                                                                                                                

                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                               

植物の話で「複葉」というものがあり、葉の出方で呼び方を変えています。

このチダケサシですが、3回羽状複葉でしょうか。

Image03000

似ているアカショウウマが3回3出複葉、イヌショウマは2回3出複葉だそうです。

今度じっくり見てみたいと思います。

葉のつき方のついでで、輪生の代表、キヌタソウもありました。

Image03400

4枚の葉が輪生しています。

織物の仕上げで、ごわごわした布を叩くための台を砧(キヌタ)と呼び、実が砧に似ているのでその名がついたそうです。

どんな実なのかは、お楽しみですね。

オカトラノオもそろそろ見ごろです。

Image039

なんとも涼しげな花ですね。

あちこち引っかかりながら城山山頂で昼食。

高尾山へ向けゴミ拾いに出発。

マナー向上か、割合に今回の量は少なかった印象をうけました。

ビアガーデンもオープンし、高尾も夏山ムードが高まっています。

応援よろしくお願いします!! 

|

« ハチへの備え | トップページ | tweet »

コメント

高尾、城山の縦走ですか。いいですねえ。今の季節だと、けっこうしんどかった記憶があります^^;

城山は大学時代からいっていないなあ。あのあたり、山頂に確か桜が何本も植わっていませんでしたっけ?

ヤブレガサは前には我が家にも自生していてくれてたんですが、いつの間にかいなくなってしまいました。

また、色んな花の顔を見に山に行きたいです。

コメント、ありがとうございました。

根津

投稿: 根津幸夫 | 2010年7月11日 (日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/35629557

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山清掃ハイク:

« ハチへの備え | トップページ | tweet »