« 熱中症の予防と対策 | トップページ | 富士山へ行ってきます。 »

下刈り講座

梅雨も開け、本格的な夏がやってきました。

連日の猛暑の中、すでに熱中症の発症が目立ちます。

熱帯夜でもあるので、睡眠時間等、体調には充分気をつけたいものですね。

連休はあちこち混んだようですが、出かけられた方はお疲れ様でした。

私も山に行き、夏の風物詩を体感できました。

そう、下刈りです()

鎌の構造・使用方法にはじまり、平地・傾斜地での作業と応用作業を二日にわたり研修しました。

使用する鎌は、造林鎌という柄の長い大鎌です。

鎌には二種類あり、払い鎌と引き鎌があります。

払い鎌は、横に直線的な刃を持っており、文字通り払うようにして使います。

よく草刈に使い、余分な草を刈り払うためのものです。

引き鎌のほうは、刃が半月状に縦長の形をしており、引くようにして切ります。

基本的に左手を添えて使い、刈り取る収穫のためのものです。

今回使用する造林鎌は、この両方の形状を併せ持つ優れものです。

Image022

刃先の直線的な部分が払い鎌、曲がった部分から元にかけてが引き鎌に相当します。

ですので、茎の細い草等は払い鎌で、茎の太いススキや雑木の幼樹類は引き鎌で

切ります。良くできていますね。

これで切れないのは、研ぎが悪いか使い方が下手かのどちらかです。

私は…両方ですか。。。

まずは平地で払い鎌の実習です。

左足を支点に、円を書くように刈り払います。

鎌は刃先を擦らせるように振ります。結構、思い切りが大事です。

このとき、カーブした部分を地面に擦らせるようにして、刃先を浮かせるのがポイントです。

石などの障害物に、刃をぶつけてこぼさない為です。

引き鎌は、根元から湾曲した部分の刃を使って引き切ります。

この場合も、刃先が45°ほど上を向くようにします。

切り口が斜めになればOKです。この角度が切りやすいようです(水平だと切りづらい上に、刃を傷めます)

傾斜地では下から上に作業し、鎌を下向きに振らないよにうにします。

鎌は右から左に振るよう、右利きにあわせて使用します。

そうすると、一列に並ぶ場合は左側を先行させないと、刈り払った草が隣に飛んで邪魔になりますので、ポイントになります

気をつけなければならないのは、作業者の間隔と、上下作業の禁止です。

足場も悪く落石の危険もあるので、上下作業は避けます。

実践編では、道の両側の草刈をしました。

もはや下刈りではありませんが…道の保全も安全管理の一環です。

むき出しの岩や切り株の合間を刈るのは結構難しく、よい練習になりました。

この時期はハチの巣もだいぶ大きくなっており注意が必要です。

特に茂みの付近では、軽く揺すってみたり周囲のハチの気配に気をつけます。

ハイキング等山に入る機会も増えると思います。

暑さとハチには充分注意したいですね。

応援よろしくお願いします!! 

|

« 熱中症の予防と対策 | トップページ | 富士山へ行ってきます。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/35830783

この記事へのトラックバック一覧です: 下刈り講座:

« 熱中症の予防と対策 | トップページ | 富士山へ行ってきます。 »