« 下刈り講座 | トップページ | 点の記 »

富士山へ行ってきます。

最近の暑さにへばり、更新が滞っていました。

私の所属します森林インストラクター東京会(FIT)では、高尾山で年4回の親子観察会を行っています。私の同期の仲間が企画・運営を行っている「夏の観察会」の参加者を、募集しております。

夏休みに入り、自然に親しむにはまたとないチャンスです。

ひと夏の貴重な体験が、大きなインパクトとなる少年期。

ぜひ親子のふれあいの場として、また環境学習の場としてご参加いただければと思います。

応募〆切も間近となっております!お急ぎ下さい。

と、かくいう私は完全に登山モードになっております。

今週末に、山岳会のパーティーに混ぜていただき、富士山へ登る予定です。

3000m級の高山帯、御来迎の為の夜間登山…初めてずくしの体験に、胸を躍らせています。

かつては信仰の山だった富士山も、物見遊山の対象になって久しい訳ですが、その影響かトンデモ登山客も増えているようです。

軽装でまだ雪の残る山に登り、あげくに救助を求めた例は記憶に新しいところです

富士山には、山梨側と静岡側から登山道が伸びています。

山梨から吉田口・須走口、静岡から御殿場口・富士宮口と、それぞれの登山口を冠した登山道が山頂へと続きます。

では、それぞれの特徴を見てみましょう。

吉田口…かつての河口湖からスバルラインを抜け、5合目から登ることができる。

交通アクセスが良いことに加え、標高の高いところからスタートでき、またコース上に山小屋も多くトイレの事情も良いので入門コースとして親しまれる。

須走口…最大の特徴は、下山専用路の「砂走り」。砂礫の堆積した下山路を駆けるように下ることができる。靴に入る砂を防ぐスパッツと、砂埃対策のマスクがあると良い。

富士宮口…スカイライン終点から登るルートは、山頂への最短路。唯一下山専用路が無いので、下りでの膝への衝撃からくる負担は大きい。

御殿場口…距離・標高差ともに最も大きいコース。健脚者向き。標高から、森林限界への植生変化が見られるコース。下山専用路の大砂走りは壮大かつ豪快。そのダイナミックさから下山路としての人気が高い。

各登山路に山頂はありますが、真の最高地点は剣ヶ峰。

お鉢巡りがてら、ピークハントへ向かうことになります。

ちなみに私達の取るコースは吉田口。

夕方からのんびり登る御来光プランです。

ここで触れておきたいのは、下界との気温差です。

一般的に、標高100mごとに0.6℃低下すると言われています。

山頂は…約20℃低い計算ですね。

さらに、風速1mにつき体感気温が1℃下がります。加えて、もし雨にでも濡れていたら…

トムラウシの遭難事故を思い出します。

夏山とはいえ、相手は自然そのもの。

濃霧に巻かれることもあれば、落雷の危険もあります。

気象要因・生物要因・地形要因…

登山は、あらゆる危険の待つ自然に身を晒す行為です。

早い段階での適切な対処。

せめて、唯一人がコントロールできる人的危険要因は極力無くしたいものです。

一人一人が登山者としての自覚を持って、行動に当たることが大事ですね。

応援よろしくお願いします!! 

|

« 下刈り講座 | トップページ | 点の記 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/35951119

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山へ行ってきます。:

« 下刈り講座 | トップページ | 点の記 »