« tweet | トップページ | 下刈り講座 »

熱中症の予防と対策

お久しぶりです。

森林インストラクター試験の募集期間も、残り半月を切ろうとしています。

併せて、森林レクリエーション協会の養成講座も日を同じくしています。

受験・受講をお考えの方は、そろそろ意志を固める時期ですね。

なかなか度胸はいりますが、この一歩から全て始まります。

西の方では、前線が活発で豪雨が多発しており、お気の毒であると同時に被害が心配です。

転じて、梅雨明け間近の関東地方では夏を思わせる暑さが続きます。

まだ体が慣れない方やすでにバテ気味の方もいるかもしれません。

梅雨明け十日。

厳しい夏の日差しに晒されるようになると、増え始まるのが熱中症の発症者。

例年この時期に多発しており、産業界ではすでに注意喚起や教育も行われているようです。

屋外活動がメインの森林インストラクターにとっても、油断ならない季節です。

人の体の60%は水分で占められ、体重の3%の水分が失われると、運動能力や体温調節能が低下します。

熱中症とは、強い日射や高温下における激しい運動や重労働により、過剰な体温上昇のために体温調節のできなくなる症状です。

主な症状と、重篤度をまとめます。

度.

熱失神…体温調節のために表皮の血管が拡張することで、一時的に血圧が低下し、脳への血流量が減少することで起こる。眩暈・立ちくらみ等。

熱痙攣…発汗によるナトリウム欠乏によって起きる筋肉の痙攣や硬直。

こむら返りのように、激しい痛みを伴う場合もある。

度.

熱疲労…頭痛や吐き気を伴い、全身に倦怠感や虚脱感を生じる。

度.

熱射病…体温の上昇により、体内の中枢機能に異常をきたす。

意識障害・痙攣・運動障害が起こり、発汗が止まって異常な高体温になる。

放置すれば、死に至る危険性が高い。

夏の暑さも、気を許せば命に関わる危険性があることを、充分認識する必要があります。

では、熱中症の予防に有効な手段はあるのでしょうか。

適切な休憩とこまめな水分補給、体温上昇防止の措置ですね。

特に炎天下や締め切った室内など、高温化での無理は禁物です。

事情は様々でしょうが、積極的な休憩が望まれます。

水分補給ですが、熱痙攣の例もあるように、発汗によるミネラルの喪失を補う必要があります。ミネラルのバランスが崩れると、生命維持の機能に影響を与えます。水分とともに、スポーツ飲料や塩分の補給で補うようにしましょう。

夏の帽子は必需品です。できれば、首筋も隠れるようなものが効果的です。

直射日光は体力も奪うので、状況によって長袖を着用するなど、体温調節も含めて考えましょう。

吸湿・速乾性に優れた下着も考慮します。

発汗による気化熱の放出は、体温調節に大きな役割を果たします。

何より重要なのは、日頃からの体調管理です。

寝不足や過労の状態では、熱中症の危険度は一気に高まります。

二日酔いなど、もってのほかですね()

アルコールの分解には、水分を必要とします。BEERのおいしい季節ですが、ほどほどに…

発症時の対応ですが、体温を下げるのが基本です。

衣服を緩めたり、木陰などの涼しい場所で休ませます。

首筋や腋下・腿の付け根等の大動脈をアイシングするのも有効です。

自力での摂取が可能なら、水分を与えます。ミネラルの補給も忘れずに。

大切なのは、観察を続けることです。

体温の上昇が続けば、症状の悪化が予想されます。

不測の事態に対応する為にも、発症者を一人にしないことが重要です。

以上の点に気をつけ、安全に楽しい夏を過ごせるようにしましょう。

応援よろしくお願いします!! 

|

« tweet | トップページ | 下刈り講座 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/35776929

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症の予防と対策:

« tweet | トップページ | 下刈り講座 »