« 富士山へ行ってきます。 | トップページ | 富士山登頂。 »

点の記

日本一の頂へ。

先週、富士登山へ行ってきました。

山岳会の方のパーティーに混ぜていただき、初めての挑戦です。

スバルラインの終点が5合目と呼ばれ、吉田口を基点とする吉田ルートの登山口として定着しています。

標高2300m、土産物店の並ぶ観光地です。

霊峰富士の入り口にしては、少し興ざめしますが…

しばらく滞在し、軽い食事を済ませ準備体操。

1700

雨の出迎えの中を、レインウェアに身を固め出発です。

挨拶代わりの軽い登りの後、なだらかな下りを過ぎ登り返すと、6合目。

安全指導センターで一休み。

ナラやウルシ交じりの針広混交林を抜け、一気に樹木が姿を消します。

もうすぐ終わるホタルブクロに見送られつつ、砂礫の山へ取り付いていきます。

1830

本格的な富士登山の始まりです。

ガスのかかる山頂を遥かに見透かしながら、直登を避けるように付けられた九十九折の山道を登っていきます。

1900を回る頃にはすっかり日も暮れ、ライトを頼りに自然の回廊を進みます。

徐々に道幅が狭まり、岩交じりの斜面に取り付くようになると、7合目ももうすぐ。

2000

日の出館にて休憩。2700m

風も出てきたので、再びウェアに身を包みます。

どうしようか迷っていいる間に、少し体温を持っていかれました。

休憩時こそ、しっかりと着ないと逆に体力の消耗につながることを思い、判断の遅れが少し悔やまれました。

ここから8合目までの遠いこと。400mの高度を上げていきます。

実行動の標高差でいえば、高尾山クラスです。さすが最高峰!

点在する山小屋の間を縫うように、岩の階段をよじ登ります。

正直、登りの杖は邪魔になりそうです。

休み休み歩き、8合目に着いたのが2200

良い子はもう寝る時間です()

悪いおじさん達は、休憩して登り続けます。

正直、眠いんですよ。

3000mを超えると、さすがに空気の薄さを感じます。

少しの運動でも、すぐに息が上がるようになります。

段差に惑わされずに、歩幅を狭く保つよう心がけましょう。

遅筋を使った有酸素運動で、バテを防ぎます。

2330、本8合目。

8合目の長いこと。高度で300mもあります。

名前は素晴らしいホテルが出迎えてくれる、3400m地点です。

ここで大休止。カップ麺のおいしいこと。

購入すれば、¥600。ちなみに水は500mlで一本¥500です。

装備を取るか、利便性を取るか…

トイレは一回¥200。こちらは維持費ですので、快く協力しましょう。

この先は、大渋滞が待っていました。

次々に押し寄せる登山客に、ツアーの多いこと。

登山道沿いにヘッドランプの光の列が続きます。

とかく日本人とは、ミーハーな人種のようです。

26009合目。登山道最後の山小屋です。

こともあろうに、休憩がてら居眠りしてしまいました。

30分ぐらい、あっという間です。

割と暖かい日だから良いものの、さすがに反省ものですね。

H1

山頂が見え始め、動かない列に痺れを切らします。

いや、実際は立ったまま居眠りしてましたが…

H2

東の空が白み始め、振り向けば東雲がたなびいています。

足元には光の列が遥かに続き、見渡せば雲の海が湧き立っています。

刻々と変化する表情は、何か意思があるようで見ていて飽きません。

そして、日の出。

御来光です。

H3

残念ながら、夜明けを山頂直下で迎える事となりました。

無事に頂上の久須志神社に辿り着いたのは、5:00を回った頃。

朝日に輝く雲の海にたゆたい、しばしの休憩。

H4_2

ここからさらに、日本の最高地点、剣が峰を目指します。

応援よろしくお願いします!!

|

« 富士山へ行ってきます。 | トップページ | 富士山登頂。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/36072465

この記事へのトラックバック一覧です: 点の記:

« 富士山へ行ってきます。 | トップページ | 富士山登頂。 »