« 夏の高尾山2 | トップページ | 救急救護 »

夏の観察会

先日、高尾で親子観察会が行われました。

舞台は日影沢、森に水辺に夏の生き物を探しました。

今回はオブザーバー、スタッフとしての参加です。

下見はしていたものの、いまいち当日の段取りが掴みきれていなかったので、あたふたするシーンもありましたが無事終えることができました。

ハプニングは付き物で、参加者の当日キャンセルもよくあることです。

私がサブで割り当てられた班が消滅するという、まさかの憂き目に会いました。

仕方が無いので、他の班の様子をそ~っと覗くことになりました。

開会式を終え、各班が観察に出かけるのを見送ります。

少し控えめに、班長さんのインタープリテーションを勉強させていただきました。

恥ずかしながら知らなかったことや理由の説明など、とてもハイレベルな内容が盛り沢山。

蛙にしても、足はどの足から生えてくるのでしょうか?

はい、後ろですね。両方一度に生えてきます。

前足はどうでしょう。

これは左からです。ナゼ?

できるのは左右一緒なのですが、左にはエラがあるため穴があります。

この穴から出るので、皮を破って出てくる右よりも出やすいのです。

もちろん、エラが塞がるので、それまでに肺呼吸へ移行する必要があります。

後ろ足から生えるのも、陸上へと上がる準備だとすれば納得します。

生き物とのふれ合いも貴重な体験です。

思わず手をすくめるヤスデを手に乗せ、子供たちもおおはしゃぎ。

ムカデは有毒の牙をもちますが、ヤスデにはありませんのでご安心を。

得体の知れないザトウムシも、ここでは人気者です。

クモの大枠には入りますが、ダニの近縁です。

クモといえば嫌われ者のイメージですが、実は大切な存在です。

蚊などの病原体を媒介する害虫を捕食してくれます。

実際、疫病の起こる場所はクモが少ないとか。

みんなそれぞれの役割の中で暮らしているんですね。

イラクサの仲間アカソには、細かい毛が生えています。

この葉っぱが、かわいいワッペンに早代わり。

イノコヅチ・ダイコンソウと同じで服にくっ付きます。

ルーペで観察し、理解を深めます。

セミの抜け殻が漢方薬だったのは初耳でした。

効用は…調べてみましょう。

見落としがちな冬虫夏草にも出会えました。

ガの幼虫に寄生するキノコです。

Image028

マツカゼソウの匂いは好みが分かれました。

Image027
きっと、虫食べられないように匂いを持つのでしょう。

ということは、あまり好きでない人は、虫に近いのかも。

コロッと好みの反応を変える子供たちが微笑ましい一こまでした。

参加者の興味を自在に引き出す手腕。

疑問に対する的確かつ平易な説明。

お子さんを相手にしながら、大人の参加者をも魅了します。

水生生物も前日の降水が影響しながら、様々な種を観察できました。

やはり、カニが人気です。

エビ・カニの違いと体の構造。

タラバガニはカニじゃないけど一番高い!など、思わずスタッフも釘付けになる話が続きます。

ちなみに、タラバはヤドカリの仲間です...おいしければ、よし。

まとめは、生物多様性と生態系の重要性。

みんなつながって生きています。

無事に終わった観察会。

主幹事の皆さん、インタープリターをして下さった諸先輩の方々、ありがとうございました。

次回秋の親子観察会は、11/20()です。

私も再び幹事団に入り、企画・運営に参加します。

夏の経験を活かし、素晴らしいものにできるよう努力しますので、たくさんの方のご応募・ご参加をお待ちしています。

応援よろしくお願いします!! 

|

« 夏の高尾山2 | トップページ | 救急救護 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/36345338

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の観察会:

» 冬虫夏草でアンチエイジング [アンチエイジングで快適生活]
アンチエイジングに冬虫夏草飲料。 ルチル 冬虫夏草をはじめ、チャーガ・レイシ・フコイダン・アガリクスなど13種類の複合素材で健康維持。 もちろんオーガニックで無添加です。 ※冬虫夏草 コウモリガ科の蛾の一種の幼虫に寄生して、冬の間に栄養分を吸収し、暖…... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 12時43分

« 夏の高尾山2 | トップページ | 救急救護 »