« 森の休日 | トップページ | インストラクターの一年 »

枝打ち研修+α

ここのところ、活動報告ばかりが目立ちます。

師走に習うように、バタバタしております。

先週末は、再び鳩ノ巣へ行ってきました。

土曜は枝打ち研修、日曜は大自然塾でのフィールド活動です。

枝打ち研修では、楽しい木登り体験が待っていました。

待望の()高所作業とあって、いつにない緊張感の中で身支度が進みます。

安全帯を装着すると、身も心も引き締まる思いがします。

しっかりと腰骨の辺りで安定させ、使用方法の説明を受けます。

準備体操を終えて、山へ。

これから待ち受ける初体験に、期待と不安が募ります。

現場入りして一通りの道具の説明が会った後、いよいよ班毎に使用方法の実習です。

今回の道具は、昔ながらのぶり縄はじめ、ステップ・ムカデ梯子・ワンタッチラダー、そして、登高機です。

ステップや梯子類は、てこの要領で体重により幹に密着させます。

チェーンを幹に回した状態で引き下げるようにして、安定を確認します。

比較的足場も広く、思ったよりも快適です。

ぶり縄は単純明快。ロープとぶり棒で幹を登ります。

ロープの両端に棒を巻き結びで止め、片方づ幹に巻き付けて足場とします。

上段に登り、縄を振るようにして解いて引き上げ、また上に巻きつけます。

この振る仕草からぶり縄という名が付いたそうです。

登高機は、足に機械を装着して幹を登ることができます。

イメージとしては、ステップをそのまま履いたような感じです(写真ありません)

利点としては、唯一幹の谷側に回り込むことができるので、裏に出た枝も容易に打つことができます。

登るのは簡単ですが、降りるのには少しコツがいるようです。

一通りの実習を終え、昼食の後いよいよ枝打ちに入ります。

道具を使って幹に登り、実際に枝を鋸で切り落とします。

本来は鉈で行う作業ですが、ボランティアでの作業が前提なので、安全上鋸を使います。枝打ち鋸という、目の細かくアサリの少ないものもあるようです。

私が挑んだのは、ぶり縄コース。

ぶり棒二段の上にステップ一段のわんぱくメニューです。

ぶり縄は、上り下りの際足元が左右に振れるので、安定しづらく苦労しました。

登ってしまえば、しっかりしたものです(勿論、本人の巻きつけ方次第ですが・・・)

安全帯で体を支持し、体と幹の間に作業スペースを作ります。

気分は羽化を待つ蛹です。

始めは恐る恐るでしたが、慣れてくるとそのまま一休み。喉を潤します。

林業の歴史を垣間見たような、なかなか貴重な体験ができました。

翌日は、一般参加の方に混ざり森林ボランティアに参加しました。

7班に別れての別作業、私の班の割り当ては橋作りです。

予め降ろしてあった材を使って、折れた橋の架け替えを行いました。

古い橋は撤去された後引き上げ、他の班によって道作りに再利用されました。

橋作りですが、まずは橋になる材を掛け渡し、位置を決めます。

たわみがあったので、途中に横木をいれて支えにしました(真中の杭の部分)

その間に別働隊が二本ほど伐倒し、幹を半割りして橋の安定と滑り止めの為の

横残を作ります。

午後から組み合わせ、何とか時間内に完成!

で、できたのがコチラ。

Photo 

なかなかのできです。

作業の後は懇親会が行われ、一年の労を分かち合いました。

一月には、山の神様への奉納が行われます。

鳩ノ巣フィールドも、しばしの間は冬休みですね。

応援よろしくお願いします!! 

|

« 森の休日 | トップページ | インストラクターの一年 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/38166533

この記事へのトラックバック一覧です: 枝打ち研修+α:

« 森の休日 | トップページ | インストラクターの一年 »