« 初詣だよ、高尾山!~富士の眺望とシモバシラ~ | トップページ | Share »

山ノ神と安全祈願

大寒に向け、厳しい寒さが続きます。

都心でさえ氷点下を記録し、今期一番の寒さを象徴するようです。

各地のセンター試験にも影響があったようで、ニュースでも取り上げられていますね。

受験生の方は大変だったのではないでしょうか。

先日あったFITの新年会では、新年度会員(=今年度合格者)にもお会いしました。

中には、一昨年に全国森林レクリエーション協会が行う森林インストラクター養成講座でご一緒した方もおり、一年越しの悲願()を達成されたようです。

難しくはありますが、必ず合格への道はあるものです。

門外漢の私が受かったのですから、間違いありません。

小正月も過ぎ、ようやく体も平時に戻りつつある中、鳩ノ巣での大自然塾が行われました。

前日には僅かながら降雪もあり、当日も寒風に晒されての作業となりました。

新年初めの作業ということで、全員で山ノ神へ安全を祈願します。

古くは、八百万の神を敬う万物に神性を見出す文化の中で、山作業の安全を祈る「農事」でありました。

やがて神道の普及により、神事としての性格を持つようになって今に至ります。

木の切り株に御幣を立て、錫竹に神酒を捧げます。

木の伐採の後、梢を切って切り株に刺す習俗があります。

これは新たな芽生えを祈るもので、萌芽更新に命の再生を見出したものだと思います。

この梢の代わりが、御幣です。竹に紙を三角に折ったものを挟んだものです。

錫竹は節の中間を二つに切ったもので、皮を残してつながった状態にするそうです。

手前にはこちらから向かって左から、水・米・塩を供えます。頭文字を取って「みこし」と覚えます。

切り株の根元には手道具が立て掛けられ、祝詞に乗せて一年の安全が祈願されました。

参列者にお神酒を分けて一通りの神事が終わり、班毎にフィールドへ入ります。

私の担当は林床整理。一本伐倒して柵の材に使い、散乱した落葉落枝を集めて、地面に光が当たるようにします。

杉の木は、枯れた下枝を自ら落とします。さらに、枯葉は砕けにくく形を保ちます。

ですので、地表が枯れ枝と落ち葉で埋もれてしまうのです。

この状態では、折角枝打ちや間伐によって樹冠を透かしても、効果が薄れます。

土壌中の種子が発芽する為には日光が必要なので、下層植生を元気にする為に地表を綺麗にするのです。

雑木林と呼ばれるかつての農用林では、毎年落ち葉掻きが行われていました。

目的は堆肥を作る為ですが、結果として林床が綺麗になり、植物の生育しやすい環境に整えられていました。

中でも、早春を謳歌する春植物にとっては、樹冠が新葉に閉ざされるまでの、僅かな日照を得られることが必要です。

人の手のはいった森林は、やはり人の手によって環境を維持する必要があるのです。

 

新年初の作業も、事故・怪我無く無事に終えることができました。

これも基本に忠実な作業と、安全管理に拠るものです。

参加者が持参された手道具や手袋といった個人装備の確認も含め、体調管理等の、細やかな気配りが必要です。

自身の安全も含め、周囲に気を配ることも忘れてはなりませんね。

ランキング参加してます。ポチっと応援よろしくお願いします!! 

|

« 初詣だよ、高尾山!~富士の眺望とシモバシラ~ | トップページ | Share »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/38524874

この記事へのトラックバック一覧です: 山ノ神と安全祈願:

« 初詣だよ、高尾山!~富士の眺望とシモバシラ~ | トップページ | Share »