« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

目に青葉

久々の更新です。

私情で忙しく、活動が滞る日々です。

先日、森林整備活動に参加しました。

大自然塾鳩ノ巣フィールド

http://hatonosu.blog39.fc2.com/

市民参加の市民の手によるボランティアイベントです。

震災の影響により昨月は中止になりましたが、今月からは通常営業()

最高の天気の下、気持ちの良い汗を流しました。

主な作業は、道作り(補修)と柵作り。

林床を整理して下層植生の回復を図ると共に、柵を千鳥に配置することで表土が動くのを留めるのが狙いです。

必要な材を伐倒し、道に使うものは皮をむきます。

こうすることで、水の切れがよく乾きやすいので、腐りずらくなります。

柵に使うものは皮付きで使用し、作業時間を短縮して多く作ることに専念します。

柵にしろ道にしろ、目で見て成果がわかるのでやりがいがあります。

長い目で見ても、草本が入ってきたりカシ類が出てきたりと、森の遷移を目の当たりにするのはうれしいことです。

山に入る。作業をする。汗をかき、腹が減る。

こんな当たり前のことが、やけに新鮮に感じられました。

同時に、知らぬ間に滅入っていた自分に気付きました。

報道・自粛ムードに停電、いまだ目処を見ない原発―

続く余震に気をもむ日々は、文明のほつれを見せ付けるかのようです。

久々に森林の中で体を動かし、心地の良い疲れの中に生きている実感を得ることができました。

本来一人一人が持っている「生きる力」というようなものを、緑の中で改めて気付かされました。

それは、インタープリターとして伝えたかった思い。

自然と人が、共に生きることの素晴らしさ。

どんなに傷つき、悲しみ、苦しくても、淡々と刻は過ぎていきます。

季節は巡り、また花が咲き新葉が開出する奇跡。

黄緑・浅黄・萌黄・利休・・・

この生命力に満ち溢れた春の息吹を、躍動を、この身に取り込んで。

「山笑う季節」

Image059_2

むずがゆくほころぶ新芽のいじらしさに、あらゆる命が共鳴するかのようです。

人も自然の一部であること、自分自身が自然そのものであること。

こんな時だからこそ、自然に入り交感することが必要だと、強く感じました。

大型連休が間近に控えております。

ちょっと身近な緑に触れるだけでも、きっと元気をもらえますよ。

応援よろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暮らしの中で

いまだ続く余震に加え、原発事故による放射性物質漏洩。

気の休まる暇もない状態が続いております。

被災地でも復興の兆しが見られるようになりました。

もちろん、まだライフラインの確立に至らない地域や安否のわからない方々もまだまだいらっしゃいます。

 

ひとときも早く、「暮らし」を取り戻していただければと願うばかりです。

暗いニュースの続く中、桜の便りが届きはじめました。

あまり浮かれるのも何だか気が引けるようですが、こんな時だからこそ、四季の移ろいに耳を澄まし、

春の訪れを喜ぶ気持ちを大事にしたいと思います。

芽生え・開花・誕生・・・体の奥底に眠る命の目覚めに、小躍りしたりしても良いのではないでしょうか。

そう、長い冬が去り、また新しい春がやってきたのですから。

春の目覚めは、寒さの長さに左右されます。

逆に言えば、ある一定の寒さを経験しないと芽吹きのスイッチは入らないのです。

植物とはいえ、妙に人間臭い面すら見られます。

花咲く頃には、その花へ合わせるように虫が訪れます。

また花も、訪れてくれる虫に合わせて、独自の形状へ変化を遂げてきました。

これらの、虫によって受粉を媒介してもらう花を、虫媒花と呼びます。

多くは色彩豊かな華やかさや虫を誘う匂いが特徴です。そして、ご褒美の蜜を用意しています。

一方、蜜を求めて訪れ、結果として受粉を手助けする昆虫を送粉者(ポリネーター)といいます。

どのような花にどんな虫が訪れるのか、またその為に互いにどのような形状進化を遂げたのか。

春の野山を歩くとき、太古のロマンに思いを馳せてみるのも一興です。

自然界の中でも、両者が何がしかの関係にあることはよくあることです。

この虫媒花とポリネーターの関係は、双方に利のある相利関係にあるといえるでしょう。

相利関係にある場合、依存種が少なく特殊であるほど形態に与える影響が大きくなるので、競争に有利な反面、依存種を失ったときのリスクは高くなります。

一つの種の絶滅が引き金となり、次々と滅びの連鎖が起こるのは、こうした理由です。

生殖にまつわるもの以外にも、食う食われる関係や用心棒のようなケース、また植物などに見られる、一体になって栄養を分け合うものなどもあります。

そして、個々の小さな関係が集まることで、さらに大きな括りの中で影響を与え合い、やがて大きなマクロ的環境へと発展していきます。

近頃良く聞く生態系という言葉は、このような自然の摂理を包括的に言い表したもので、その内容はあまりにも深くあまりにも広いものと感じています。

その中で、私達人間はどのような立ち位置で、どのような立場にあるのか。

循環の輪の中からはみ出し、生分解の許容や範疇を許さない物質を生み出してはいないだろうか。

今回の原発事故は、「利便性の代価」について考えさせられるものになるでしょう。

そういう私もまた、文明の恩恵を受けて快適な生活を送るものの一人です。

発展そのものには罪もなく、むしろ賞賛され、歓迎されるべきものであると思います。

必要以上に自重し、萎縮して暮らすこともありません。

日常をしっかりと暮らすことが人の世の流れを良くし、元気な社会には余裕が生まれます。

衣食足りて礼節を知る。

浮世の習いというやつですね。

その上で、やはり自然の一部であることをしっかりと認識して、生態系の・循環の中に生きらるように少しでも貢献できたら。

感謝の気持ちを忘れずに、空の下・大地の上で、しっかりと根を張って生きたい。

そんなことを思う、この頃です。

応援よろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »