« 暮らしの中で | トップページ | みどりの日 »

目に青葉

久々の更新です。

私情で忙しく、活動が滞る日々です。

先日、森林整備活動に参加しました。

大自然塾鳩ノ巣フィールド

http://hatonosu.blog39.fc2.com/

市民参加の市民の手によるボランティアイベントです。

震災の影響により昨月は中止になりましたが、今月からは通常営業()

最高の天気の下、気持ちの良い汗を流しました。

主な作業は、道作り(補修)と柵作り。

林床を整理して下層植生の回復を図ると共に、柵を千鳥に配置することで表土が動くのを留めるのが狙いです。

必要な材を伐倒し、道に使うものは皮をむきます。

こうすることで、水の切れがよく乾きやすいので、腐りずらくなります。

柵に使うものは皮付きで使用し、作業時間を短縮して多く作ることに専念します。

柵にしろ道にしろ、目で見て成果がわかるのでやりがいがあります。

長い目で見ても、草本が入ってきたりカシ類が出てきたりと、森の遷移を目の当たりにするのはうれしいことです。

山に入る。作業をする。汗をかき、腹が減る。

こんな当たり前のことが、やけに新鮮に感じられました。

同時に、知らぬ間に滅入っていた自分に気付きました。

報道・自粛ムードに停電、いまだ目処を見ない原発―

続く余震に気をもむ日々は、文明のほつれを見せ付けるかのようです。

久々に森林の中で体を動かし、心地の良い疲れの中に生きている実感を得ることができました。

本来一人一人が持っている「生きる力」というようなものを、緑の中で改めて気付かされました。

それは、インタープリターとして伝えたかった思い。

自然と人が、共に生きることの素晴らしさ。

どんなに傷つき、悲しみ、苦しくても、淡々と刻は過ぎていきます。

季節は巡り、また花が咲き新葉が開出する奇跡。

黄緑・浅黄・萌黄・利休・・・

この生命力に満ち溢れた春の息吹を、躍動を、この身に取り込んで。

「山笑う季節」

Image059_2

むずがゆくほころぶ新芽のいじらしさに、あらゆる命が共鳴するかのようです。

人も自然の一部であること、自分自身が自然そのものであること。

こんな時だからこそ、自然に入り交感することが必要だと、強く感じました。

大型連休が間近に控えております。

ちょっと身近な緑に触れるだけでも、きっと元気をもらえますよ。

応援よろしくお願いします

|

« 暮らしの中で | トップページ | みどりの日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313471/39666676

この記事へのトラックバック一覧です: 目に青葉:

« 暮らしの中で | トップページ | みどりの日 »