Ⅳ やる気を持続させる為には…

受験に向けての勉強は、広く深く∑(゚∇゚|||)

なので、ある程度の時間が必要です。

長い期間をいかに乗り切れるかが、成否を分けるといっても過言ではありません。

ここでは、心構えについて四つのポイントをお伝えしたいと思います。

1.強い動機

これから勉強を始めようとする方は、そのあまりの範囲の広さと量に圧倒されることと思います。そして、ゴールの見えない長距離走に、焦りと不安から逃げ出したくなるでしょう(私もそうでした)。

もちろん、強靭な精神力をお持ちなら、そんなプレッシャーはものともせずに合格されることでしょう。

実際には、日常の様々な誘惑も待ち構えています(TV、インターネット、公私共に様々なお誘い・・・)。

そんなかでモチベーションを保ち続ける為に必要なのが、強い動機です。なぜインストラクターを目指すのか?

その資格を得ることで何がしたいのか、どんな気持ちになりたいのか。

ご自身が第一線のインストラクターとして活動する姿が想像できるでしょうか。

この達成後の「目指す姿」こそが、挫けそうな時の原動力となり、心の支えになります。

2.決意する

もし一発合格を目指すなら、必ず合格することを決意してください。

1で考えた動機についてとことん納得し、合格を信じてやりぬきましょう!

「虚仮の一念岩をも通す」

ならぬは人のなさぬなりけりです。

3.公言する

なかなかハードルが高いですが、実際私は友人・知人に受験を公言していました。これは、なかなかのプレッシャーです(笑)。同時に、後に引けない状況の中で、勉強せざるをえなくなります。

飽きっぽい方には、おススメの方法です。

4.楽しむ

専門知識が多く含まれ、なかなかしんどいこともありますが、だからこそ「好きでやっている」ことを忘れないでください。

当然、案内人としての最低限の知識を持つことは、インストラクターを目指すものとして避けては通れません。むしろ、将来へ向けての準備であると言い聞かせて、新たな知識を吸収して成長する自分の姿を想像しましょう。